2009年1月21日のブログ「Inauguration」


今日は、Presidental Inauguration, 新大統領の就任式でした。 日本でも大きなニュースになっていると思います。 44代目にして、初のAfrican American大統領。 ニックスはプレイヤーの大多数が黒人プレイヤーであることもあり、選挙前からObama氏のTシャツを着ていたり、投票日に投票に行かなかったと口を滑らせた若手が、かなり本気で叱られていたりもしました。 今日は、新大統領の演説に間に合うように練習は打ち切られ、自分も選手達と一緒にロッカールームで演説の中継を見ました。 Obama氏の自信に溢れた演説もそうですが、それ以上に心に焼きついたのは、聴衆の目に宿っていた、まさに「希望の光」。 人々のあんな目をみたのは、生まれて初めてかもしれません。 一昨日は、新大統領就任の記念コンサートのようなイベントがホワイトハウスで行われました。 それこそ、うとい自分ですら全員が分かる、壮々たるアーティストが集結しました。 一緒にワークアウトをしながら見ていたヘッドATのRogerは、出てくるメンバーの豪華さに"Oh my goodness”を連発してました。 (Beyonceがトリを飾ったことにも満足していたようです 笑) コンサートの途中のスピーチでは、World War IIについて言及したものもありました。 かつては殺しあっていた相手の国で自分は働いていて、その国民であるRogerにとてもよく面倒をみてもらっていて、そのスピーチを一緒に聞いているという事実。 自分の知らない、多くの犠牲と努力の上にあります。 歴史に詳しくないので、軽率な発言になってしまわないか心配ですが、Rogerの隣でスピーチを聴きながら湧き上がってきた感情は、"感謝"でした。 父親から何回か言われ続けていましたが、アメリカの歴史に残る瞬間に、その国にいる、ということが、ようやく実感できました。


  • TMG athletics Instagram
  • TMG athletics Facebook
  • TMG athletics Twitter

© 2018 TMG Athletics

広告